“おぼつか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
覚束83.6%
覺束16.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……お前さんに漕げるかい、と覚束なさに念を押すと、浅くてが届くのだから仔細ない。、一ヶ所の知れない深水の穴がある。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
これではとても文学でパンを得る事は覚束ないと将来掛念したばかりでなく、実は『浮雲』で多少の収入を得たをさえ恥じていた。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
郡奉行へ相談の上見知人の爲江戸表へ連行事と定めけれど老人なれば途中覺束なしと甚左衞門をも見知人に出府致す樣申渡し直に先觸
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鹿なく山里じけむ嵯峨のあたりの——松風か、ぬるか、覺束なくひ、めてくほどに——
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)