“掛念”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けねん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“掛念”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓12.5%
社会科学 > 社会科学 > 論文集・評論集・講演集11.1%
社会科学 > 政治 > 政治史・事情6.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しょうの知れぬ者がこの闇の世からちょっと顔を出しはせまいかという掛念けねんが猛烈に神経を鼓舞こぶするのみである。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「はあ賛成員にならん事もありませんが、どんな義務があるのですか」と牡蠣先生かきせんせい掛念けねんていに見える。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)