“吐息”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
といき97.8%
ナゲキ1.5%
と いき0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多いが上にまた子どもができるといっては、吐息といきを突いて嘆息したものが、今は子どもに死なれて、生命もそこなうばかりに泣いた。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
そういって伯爵隊長は、吐息といきをつき、胸をおさえた。昨日来、伯爵はおどろき又おどろきで、心臓の工合が少々変調をきたしている。
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
歓楽の国に居て、大き吐息ナゲキ一つしたと言ふのは、浦島子にもある形で、実在を信じた万葉人は、「おぞや此君」と羨み嗤ひを洩すのであらう。
海驢ミチの皮畳を重ね敷いた宮殿に居て、歓楽の限りを味ひながら、大き吐息ナゲキ一つしたと言ふのは、万葉歌人に言はせれば、浦島同様「オゾや。此君」と羨み嗤ひをするであらう。
古代生活の研究:常世の国 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
と、はてしのない緑の平原と雲の色が、放浪の孤独とやるせなさにむせんで見えた。俺は吐息と いきをついて女をみた。
苦力頭の表情 (新字新仮名) / 里村欣三(著)