“雜巾”のいろいろな読み方と例文
新字:雑巾
読み方割合
ざふきん90.9%
ぞうきん9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「褒められるほどの心掛けでもありせんが、今朝もちよいと丁寧に雜巾を掛け過ぎて、この通りまだ板仕切も椽側も濡れて居ります」
ほどな侏儒が、つ/\、と、歩行しさうな氣勢がある。吃驚して、煮湯雜巾つて、よくつて、退治た。
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
此邸にては煤取座敷にこぼれて、めし草履こゝかしこの廊下みだれ、お雜巾かけまする、おたゝく家内調度になひるもれば、お振舞ふて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
聞人なげに遠慮なき高聲相槌調子に、もう一トきやつてけよう、さんは下廻りをみます、はも一此處いて、今度はおだとて、雜巾がけしつ/\とめれば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)