くさびら
御馳走には季春がまだ早いが、たゞ見るだけなら何時でも構はない。食料に成る成らないは別として、今頃の梅雨には種々の茸がによき/\と野山に生える。 野山に、によき/\、と言つて、あの形を想ふと、何となく滑 …
作品に特徴的な語句
凄味すごみ 手足てあし 退治たいぢ 奇特きどく 同時どうじ 芥子けし 座敷ざしき 五日いつか 暮方くれがた きのこ 床板ゆかいた 此上このうへ 殊勝しゆしよう 紅絹もみ 一家いつか 加持かぢ 今頃いまごろ はひ 三間みま 手近てぢか かろ 眞黒まつくろ 氣勢けはひ つゞ 雨垂あまだれ 彼等かれら 氣味きみ かく 葛城かつらぎ さわ 其家そこ 下腹したはら なや 附着つきつ 先年せんねん 紅茸べにたけ 大掃除おほさうぢ 書院しよゐん 棟割長屋むねわりながや 家族かぞく 水溜みづたまり 古寺ふるでら 孤屋ひとつや 借家しやくや 遁出にげだ 安直あんちよく 檜笠ひがさ 安値やす 侏儒いつすんぼふし 八疊はちでふ 着附きつけ 一列いちれつ 一尺いつしやく 三本さんぼん 大峰おほみね 引越ひつこ 温泉宿をんせんやど 狂言きやうげん 𢌞まは 數珠じゆず 寸法すんぱふ 魔形まぎやう 一統いつとう たゝみ 知音ちいん えん 食料しよくれう 妖女えうぢよ 濕氣しけ 扮裝ふんさう 邸中やしきぢう 岩茸いはたけ 褄折笠つまをりがさ 京間きやうま 嘯吹うそぶき 土手三番町どてさんばんちやう 坊主茸ばうずたけ 引着ひきつ 括袴くゝりばかま 灰茸はひたけ 編者へんじや 鳶茸とびたけ