“日除”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひよけ53.3%
ひよ43.3%
オーニング3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
繻子の模様もとは思うが、日除白蔽に、卸す腰も、れる背も、ただ心安しと気を楽に落ちつけるばかりで、目の保養にはならぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
こわい物見たさの人だかりは、さっきから、そこの軒ばの日除け棚をへだてて蠅のむらがりみたいに騒いでいたが、そのうちに
門から会堂の入口まで日除をかけ、赤い長絨氈を敷き、花撒きの少女のほかに、白いガウンを着た少年の唱歌隊、枝付大燭台の百五十本の蝋燭に火がともり、オルガンの奏楽もぐっとふえて、前奏二
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)