“日除笠”の読み方と例文
読み方割合
ひよけがさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でも少しほつれたの毛をき上げるため、日除笠いたのを見ると、これなん、菖蒲の寮の光子の御方。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いうまでもなく、いつも日除笠眉深に、質素で野人そのままな身ごしらえであった。供はせいぜい四、五名。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四人が姿を隠したと知らずに、そこへ駆け下りてきた男、日除笠をおさえて、大股にゆくところを、いきなり跳びついたお十夜が、どこをすくったか、気味よく投げた。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)