“夜光虫”の読み方と例文
読み方割合
やこうちゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
博士の全身は夜光虫やこうちゅうのように、ボーッと青白い光りを放ち、髪の毛は針ねずみのように逆立さかだって、その一本一本からは、ぱちぱちと音を立てて、ものすごい火花が飛んでいるではないか。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)