“夜光命”の読み方と例文
読み方割合
よびかりのみこと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋の雨しめやかに降る日、夜光命よびかりのみこと飄然來りて裸男を訪ひ、『久しく旅行せざりき。今や紅葉正に好し。何處かへ出掛けずや』といふ。
上州沼田より日光へ (旧字旧仮名) / 大町桂月(著)