“鵝鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がちょう83.3%
がてう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は髪を乱して腰に垂れ、麻の帯をしめてみのを着て、手に大きい袋を持っていた。袋のなかにはたくさんの鵝鳥がちょうや鴨の鳴き声がきこえた。
屋根で鵝鳥がちょうが鳴く時は、波にさらわれるのであろうと思い、板戸に馬の影がさせば、修羅道にちるか、と驚きながらも
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこで、同盟書林をすぎると二人は、首を鵝鳥がてうのやうにのばして、どんな細い露路ものぞきこみました。路もない、たゞ家と家の間になつてゐるところまでのぞきこみました。
(新字旧仮名) / 新美南吉(著)