“鵝鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がちょう83.3%
がてう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鵝鳥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「まずえてみろ。ブウと鳴くようならお前は豚じゃ。ギャアと鳴くようなら鵝鳥がちょうじゃ」と。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
と、一方のすだれを排して、客間の鵝項椅がこうい鵝鳥がちょうの首の付いた椅子いす)へ呉用をしょうじ、そして、いんぎんに訊ね出した。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこで、同盟書林をすぎると二人は、首を鵝鳥がてうのやうにのばして、どんな細い露路ものぞきこみました。
(新字旧仮名) / 新美南吉(著)