“鵝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
66.7%
がちょう16.7%
ひむし16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鵝”を含む作品のジャンル比率
総記 > 図書・書誌学 > 図書の販売20.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]6.7%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
北欧セービュルクの物語に、一僕銀白蛇の肉一片を味わうや否や、よく庭上の鶏やあひる鴿はとや雀が、その城間もなく落つべき由話すを聴き取ったとあり。
ペンを捨てた。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
小屋から出たがちょうが、があがあ鳴きながら、河ふちへ這って行く。
パルチザン・ウォルコフ (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
かれ大國主の神、出雲の御大みほ御前みさきにいます時に、波の穗より、天の羅摩かがみの船に乘りて、ひむしの皮を内剥うつはぎに剥ぎて衣服みけしにして、り來る神あり。