“黒天鵝絨”の読み方と例文
読み方割合
くろびろうど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とお千さんは、伊達巻一つの蹴出しで、お召の重衣をぞろりと引いて、黒天鵝絨座蒲団を持って、火鉢の前をげながらそう言った。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黒天鵝絨の大座蒲団にきちんと坐って、「寒い。」と肩を一つっておいて
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
きかぬ気らしいさんの、黒天鵝絨の襟巻したのが、同じ色の腕までの手袋をめた手に、細い銀煙管を持ちながら、が違いやす、と澄まして講談本を、ト円心していて、行交う人の風采
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)