“緋天鵞絨”の読み方と例文
読み方割合
ひびろうど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いやにふけちまつたでせう。さうつてよ。」とおは美しく微笑んで紫縮緬羽織の解けかゝつたのを結び直すついでに帯のから緋天鵞絨煙草入を出して
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
盛り上りり下ぐる岩蔭の波のに咲く海アネモネの褪紅緋天鵞絨を欺く緋薔薇緋芥子の緋紅、北風吹きまくる霜枯の野の狐色、春の伶人の鶯が着る鶯茶、平和な家庭の鳥に属する鳩羽鼠
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
にさした十二本の、松に雪輪刺繍の帯を前に結び下げて、花吹雪の模様ある打掛、黒く塗ったる高下駄緋天鵞絨鼻緒すげたるを穿いて、目のさめるばかりの太夫が、引舟を一人、禿を一人