“緋薔薇”の読み方と例文
読み方割合
ひばら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盛り上りり下ぐる岩蔭の波のに咲く海アネモネの褪紅緋天鵞絨を欺く緋薔薇緋芥子の緋紅、北風吹きまくる霜枯の野の狐色、春の伶人の鶯が着る鶯茶、平和な家庭の鳥に属する鳩羽鼠
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)