“鵝毛”の読み方と例文
読み方割合
がもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さらさらひらひら、と低く呟いてその形容を味わい楽しむみたいに眼を細めていらっしゃる、かと思うと急に、いや、まだ足りない、ああ、雪は鵝毛に似て飛んで散乱す、か。
千代女 (新字新仮名) / 太宰治(著)
(それ、雪は鵝毛に似て飛んで散乱し、人は鶴氅を着て立って徘徊すと言えり……か。)
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鵝毛みだるゝ玉階
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)