“序破急”の読み方と例文
読み方割合
じょはきゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甲野さんが「無絃の琴をいて始めて序破急の意義を悟る」と書き終った時、椅子れて隣家ばかりを瞰下していた宗近君は
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
序破急甲音揺韻をゆるくひいて初甲にかえる、勘助流陣貝吹き、「アリニツクベシ」のあいずである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さいぜんあれほど人間味を発揮した序破急、あれが道庵先生の声でなくて何である。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)