“素速”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すばや80.0%
すば20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“素速”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
チャンウーは、もういちど素速すばやい視線をあたりに投げると、ううんと深いいきを吸い、それからくいいるように、その半ペラに見入っていた。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
衣装いしょうがせて、襦袢じゅばんがせて、屏風びょうぶのかげへ這入はいったおせんは、素速すばやくおのが着物きもの着換きかえた。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
鉄風 未納がかい。子供だと思ってたが……素速すばしこい奴だ。しかし、出来るなら、美伃の方から先にしてほしいな。順序だ。
華々しき一族 (新字新仮名) / 森本薫(著)