はえ
小春日和の睡さったらない。白い壁をめぐらした四角い部屋の中に机を持ちこんで、ボンヤリと肘をついている。もう二時間あまりもこうやっている。身体がジクジクと発酵してきそうだ。 白い天井には、黒い蠅が停っている。停っているがすこしも動かない。生き …
作品に特徴的な語句
たら ひえ おどか よし かん らん はじ ばえ とど いかめ あが ずね 涼風りょうふう はず しあわせ たて 鏖殺みなごろ きわ せん かか とら とお あい うなず ゆか あし 差支さしつか いま 尖端さき ちぢ いちじる 嬰児えいじ いや おろ 大喝たいかつ ばこ 手甲てこう おさ わか から そこな はな まなこ 口吻こうふん 黒紗こくしゃ みぞ かよ うらら 不整ふととの ばち かさ すさま たよ よう あお たも 蓮池はすいけ ふと くぐ ひじ もの 潜入せんにゅう ひるがえ はね 燐寸マッチ 繁殖はんしょく 爛々らんらん つめ ゆる 独言ひとりごと 続々ぞくぞく 狼狽ろうばい 絨毯じゅうたん 精虫せいちゅう 粘液ねんえき ねむ ぼん 皺枯しわが 白軍はくぐん 硝子ガラス 秘薬ひやく
題名が同じ作品
(新字新仮名)宮本百合子 (著)
(新字新仮名)横光利一 (著)
(新字旧仮名)渡久山水鳴 (著)