“縫目”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぬいめ75.0%
ぬひめ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
母は縫目をくけながら子を見てそういった。子は黙って眼を大きく開けると再び鉄壜の取手を指で廻し始めた。母はまたいった。
(新字新仮名) / 横光利一(著)
何品でしたか、鼠色で一面に草花の模様でした。袖口だけ残して、桃色の太白二本で、広く狭く縫目を外にしてありました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
水船から這ひ上がつて、半身ぐしよ濡れのまゝ縛られたのでせう、腰から下は生濕りのまゝ、折目も縫目も崩れて、の上にしよんぼり坐つたお蔦は、妙に平次の感傷をそゝります。
山家村里薄紅蕎麥れるに、けば山鳩する。掛稻かう、初霜けて、細流杜若は、また戀衣縫目にこそ。
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)