“縫子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おはり50.0%
ぬひこ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わたくし、有明荘の下に住まっております縫子の花でございます。御注文の御訪問着を持参いたしましてございます。それから、ちょっと……」
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「とめ婆の話では、鶴子は崖下の素人屋にいる花という縫子にいつもしみじみ身上話をしていたといったナ。……ひとつそのを叩いて見るか」
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
代助は斯う云つて、縫子蝙蝠傘げて一足先へ玄関へた。車はそこに三挺んでゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
昨日縫子してつたら、何所かへなして仕舞つたんで、しにたんださうである。両手でを抑へる様にして、を束髪の根方へ押し付けて、上眼で代助を見ながら
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)