“縫紋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬいもん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旧正月の仕事としてほかから頼んで来る裁縫や袱紗ふくさの刺繍、縫紋ぬいもん、こまこました押絵の人形など
押絵の奇蹟 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
縫紋ぬいもんの羽織にごわごわしたはかまで、博士がやって来たのは、間もなくであった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)