“縫箔屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぬいはくや83.3%
ぬひはくや16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
染吉は贋金造りか、贋金遣いを知っていたのかも知れない。——縫箔屋してノラクラ者になった染吉が、こんな贅沢な暮しをしているところを
同町の縫箔屋の長というやつが、門の前を通りおったから、なまくら脇差にて叩きちらしてやったが、うちの中間がようようとめて、長のうちへ連れて行って
縫箔屋してノラクラ者になつた染吉が、こんな贅澤な暮しをして居るところを見ると、どうかしたら、染吉もその贋金遣ひに關係を持つて居たのかも知れないよ
親讓りの縫箔屋を嫌ひ、色々かり相な仕事に手を出して、派手な暮しをして居りましたが、その爲に内輪が苦しくなるばかりで、近頃はひどい借金に惱んで居りました。