“裁縫屋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
したてや66.7%
おはりや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“裁縫屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……ぜんうちにゐてまはりをはたらいてくれた淺草あさくさ婿むこ裁縫屋したてやなどは
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
上手じょうずな仕立屋で着物をこしらえれば、着たてから、からだに合ったのを持ってくるが、下手へた裁縫屋したてやあつらえたら当分は我慢しないと駄目さ。しかし世の中はうまくしたもので、着ているうちには洋服の方で、こちらの骨格に合わしてくれるから。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「そりや裁縫かて矢張り男の方がいゝ言ふよつてな。」と伯父も私の手附を見ながら言つた。「どうや恭公、裁縫屋おはりやさんへ丁稚に行つたら。」
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)