十六夜いざよい
きのふは仲秋十五夜で、無事平安な例年にもめづらしい、一天澄渡つた明月であつた。その前夜のあの暴風雨をわすれたやうに、朝から晴れ/″\とした、お天氣模樣で、辻へ立つて日を禮したほどである。おそろしき大地震、大火の爲に、大都は半、阿鼻焦土となん …
作品に特徴的な語句
あつし ながし 引掛ひきかゝ 引傾ひつかし あひ てう かけ なや きやう かをり うへ さわ つき にほ 通過つうくわ をく ばや 大通おほどほ おほ はづ 借家しやくか まへ 徒歩てく 男子だんし 細腰さいえう くれなゐ きふ すゝき 魍魎まうりやう ぢい たひら あつらへ ちひ 家中うちぢう いへ 楊柳やうりう をど をんな 地尻ぢじり はう とほ たつ 可恐こは 厚情こうじやう あや つか あひだ あたひ わづか つめた あは こゝろ 蜀江しよくこう をさ しも ちゞ ほん 居職ゐじよく なぐ いつ をど 大風おほかぜ これ 毛布けつと 外被ぐわいひ あつ 塵埃ごみ どころ ばう 石瓦いしかはら 同僚どうれう ねむり 古家ふるいへ 着替きがへ 流言りうげん 銀杏ぎんなん あは つゝ ぱら わり 眞實しんじつ ぜん けづ すみ はひ 上野うへの