“うるさい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
五月蠅78.6%
五月蝿7.1%
夏蠅7.1%
蒼蠅7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も考えたのだよ。いくら何だと言っても、二十五六も違うのだろう。世間が五月蠅からね。でさえ『成金! 成金!』と、いやなで見られているんだろう。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
村井は五月蝿と云ひげに眉をめしが「そりや、其のあれだ、手短に言へば皆ンなで働いて皆ンなでふのだ、誰の物、彼の物なんて、そんな差別は立てないのだ——」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
誰が言うたか松島大佐も其れが為めにく感色を悪るくして居たと云ふのだから、——篠田も最早教会を除名した上は、風評も自然立ち消えになるであらうが、兎角世間は五月蝿ものだから
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
れが配分たのを今さら忘れもしまいと一々其手續を云立るに段右衞門ヱヽ夏蠅女め種々なことをへて
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
蒼蠅よ、などという母ではない。何処迄も相手になって、其意味を説明して呉れて、もういから黙っておと優しく言って、又彼方向いて了った。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)