“五月蝿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うるさ85.7%
うるさい14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“五月蝿”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 劇音楽50.0%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)10.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女中のお鈴を始め、みんなもう帰ってくる筈はないといいますし、ゴローはいい旦那を持てと五月蝿うるさくいい寄ってきます。
お蝶夫人 (新字新仮名) / 三浦環(著)
與吉よきちれで毎朝まいあさおつぎから五月蝿うるさがられてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
村井は五月蝿うるさいと云ひげに眉をひそめしが「そりや、其のあれだ、手短に言へば皆ンなで働いて皆ンなでつかふのだ、誰の物、彼の物なんて、そんな差別は立てないのだ——」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
——篠田も最早もはや教会を除名した上は、風評うはさも自然立ち消えになるであらうが、兎角とかく世間は五月蝿うるさいものだから、一層気を付けて——ナ其れに其の新聞にもある通り」と剛造ほ梅子の机上にヒロげられたる赤新聞を一瞥いちべつしつ「篠田の奴
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)