温室の恋おんしつのこい
中央線木曾福島! ただ斯う口の中で云っただけでも私の心は踊り立つ。それほど私は其町を——見捨てられたような其町を限り無く好いているのであった。人情、風俗、山川の姿……福島の町の一切の物が私には愛らしく好ましい。 とは云え、私は、二度と再びそ …
作品に特徴的な語句
オボエ いら 彼方あそこ 旅館はたご うべ 此方このかた うつ しッ つも 狼狽うろたえ 往来みち ぶり 明瞭はっき 些少ちっと 卒業おえ にわ おとな 素人アマチュア 途上みちすがら マタ 以前まえ 卒然そつねん 吃驚びっく 完全すっか 幼時ちいさいとき 接吻キッス こが 目算もくろ 美貌うつくし 若干いくら 頂戴いただ 中央なかば 人物ひと 伴侶つれ 写生スケッチ 可成かな 命令いいつけ 左様そう 常時いつ 広東かんとん 彼奴きゃつ 後脳うなじ また 恍惚うっとり かんじ まず 此様こんな 燦然きらびやか 甘酒うまざけ 男女ふたり 真実ほんと きたな はま 記憶おぼ へだた 逝去なくな 進呈さしあげ 雄大おおし 上町かみまち 不図ふと うち なが しま にわか くるま その 其席そこ 其様そんな 別墅べっしょ 剽軽ひょうきん はげ かえ いや 可笑おか 周囲まわり 善也よしや 喋舌しゃべ 嚇迫かくはく 大略あらまし めかけ 媾曳あいびき 季参きさん