うたかたの記うたかたのき
幾頭の獅子の挽ける車の上に、勢よく突立ちたる、女神バワリアの像は、先王ルウドヰヒ第一世がこの凱旋門に据ゑさせしなりといふ。その下よりルウドヰヒ町を左に折れたる処に、トリエント産の大理石にて築きおこしたるおほいへあり。これバワリアの首府に名高 …
作品に特徴的な語句
どま おみな だい たわぶれ びと あく まじわり おこない まじわ ぶせ すぐ かずら かたり かん かたえ 珈琲カッフェー さだめ づえ 女神にょしん ホオフ さかしま ゆるし きき 処女しょじょ あくる 独立ひとりた おち つれ 下女はしため たな かたわら かの いば 老女おうな 穹窿まるてんじょう いだ げん 見度みわた しりぞ けり 一策ひとむち ほとり 奈何いかに もと 湿うるお 夏衣なつごろも むくい あまり えにし がく 囈語うわこと がた いり 円卓まるづくえ 障礙しょうげ むな おく かじ あく 艶女えんにょ うずく ゆだ 小舟おぶね いな にぎわ かご 希臘ギリシア うべな きず えみ けぶり かまびす ほとんど うしろ たけ しっ 爪痕そうこん 親族みうち ただ さか たたり ともな 移植うつしう ぬか 行李こり とど かたぶ かぎり うれい