うたかたの記うたかたのき
幾頭の獅子の挽ける車の上に、勢よく突立ちたる、女神バワリアの像は、先王ルウドヰヒ第一世がこの凱旋門に据ゑさせしなりといふ。その下よりルウドヰヒ町を左に折れたる処に、トリエント産の大理石にて築きおこした …
作品に特徴的な語句
稲妻いなずま あと わん 一叢ひとむら 母衣ほろ 名告なの 沙門しゃもん 草木そうもく 藻屑もくず 片頬かたほお 三年みとせ 蝶番ちょうつがい 瓦斯燈ガスとう ほたる あぶら 一群ひとむれ 大人気おとなげ 烟管キセル 継子ままこ かな 波間なみま うたげ 一鞭ひとむち たお 絶間たえま 雛形モデル 二足ふたあし 容体ようだい めぐみ とど 諸手もろて 一朝いっちょう 波打際なみうちぎわ 竪縞たてじま 骨牌カルタ くき 陛下へいか 駿馬しゅんめ ほしいまま 諷刺ふうし 生計たつき その 引揚ひきあ にえ 凱旋門がいせんもん ぼう 燗徳利かんどくり 一葉いちよう 襟飾えりかざり かこ 相貌そうぼう 押籠おしこ 横死おうし くい 三足みあし 嚢中のうちゅう 真心まごころ 常盤木ときわぎ 漁師りょうし 茶店ちゃみせ 訃音ふいん 馳出はせい 石碑せきひ 手当てあて 一張ひとはり 客人まろうど 小舟おぶね 小間使こまづかい おさな 障礙しょうげ 巻烟草まきタバコ みなしご 如露じょろ おと ひろ 四阿屋あずまや 巨勢こせ 推測おしはか 糸底いとぞこ 葦間あしま いさ 四足よつあし 異様ことざま 半腹はんぷく 囈語うわこと 近郷きんごう 白布しらぬの 普魯西プロシヤ 相識あいし 一滴ひとしずく 女神にょしん 暖炉だんろ 中道なかみち いかり 手掌たなぞこ 揉合もみあ 目籠めご 穹窿まるてんじょう 脱棄ぬぎす 鳴神なるかみ