“爪痕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つめあと50.0%
さうこん25.0%
そうこん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
クリストフはもう愛すまいとし、恋愛を——しばらくの間——軽蔑しようとしたが、甲斐がなかった。彼は恋愛の爪痕を受けていた。
しかしそれは必ずしも一爪痕を残すことではない、僕は未だに「死者生者」は「芋粥」などの比ではないと思つてゐる、のみならず又正宗氏自身も短篇作家としては
大絶壁の一端に、深さ一丈に近い洞窟が穿たれていた。それは、ほんの小さい洞窟ではあったが、市九郎の強い意志は、最初の爪痕を明らかに止めていた。
恩讐の彼方に (新字新仮名) / 菊池寛(著)