恩讐の彼方におんしゅうのかなたに
市九郎は、主人の切り込んで来る太刀を受け損じて、左の頬から顎へかけて、微傷ではあるが、一太刀受けた。自分の罪を——たとえ向うから挑まれたとはいえ、主人の寵妾と非道な恋をしたという、自分の致命的な罪を、意識している市九郎は、主人の振り上げた太 …
作品に特徴的な語句
つが ほこら くく おめ 退すさ たぶら 動揺うご ひら 遺児わすれご たゆ ゆあみ あせ ことわ じゅ 何人なんびと しな 宿とま 手探たぐ 爪痕そうこん きよ ぬす ゆるや いら かえりみ 切所きりしょ 刳貫こかん とき むら おもむろ こまね それがし がまち かけはし くしけず はじ 漂泊さすらい かめ まこと 穿うが 統領たばね 肝煎きもい かいな ほぞ 讐敵しゅうてき ろう 一入ひとしお たけ 上人しょうにん 下衣したぎ うし 了海りょうかい 些細ささい 亡羊ぼうよう 享保きょうほう てい 傀儡かいらい 其方そち おか しの 剽賊ひょうぞく 勧化かんげ 勧説かんぜい 唯々いい わら 嗤笑ししょう ささや 回向えこう 土鼠もぐら むく 塩梅あんばい 声音こわね 大騙おおかた 奴僕ぬぼく 如実にょじつ 如法にょほう 安永あんえい 寂静じゃくじょう 屏風びょうぶ いち 帰依きえ かば 延享えんきょう 強請ゆすり 後退あとずさ 得度とくど 忌々いまいま 悪怯わるび いきどお 懈怠けたい おのの 所在ありか 拮々きつきつ 掘貫ほりつらぬ 擬物まがいもの 教唆きょうさ かたき 敵手あいて