“刳貫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くりぬき50.0%
こかん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“刳貫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
朱塗の金蒔絵きんまきえ模様に金の鈴の付いたものでしたが、おまけにその木履の胴が刳貫くりぬきになっていて、祖母が駕籠かごから下りて木履を履く時には、ちゃんとその中に湯を通して置くと云う
ある恋の話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「その御出家は、元は江戸から来たお人じゃげな。若い時に人を殺したのを懺悔して、諸人済度の大願を起したそうじゃが、今いうた樋田の刳貫こかんは、この御出家一人の力でできたものじゃ」と語るのを耳にした。
恩讐の彼方に (新字新仮名) / 菊池寛(著)