ジャン・クリストフ05 第三巻 青年05 だいさんかん せいねん
一オイレル家 家は沈黙のうちに沈んでいた。父の死去以来すべてが死んでるかと思われた。メルキオルの騒々しい声が消えてしまった今では、朝から晩まで聞こえるものはただ、河の退屈な囁きばかりであった。 クリストフは執拗に仕事のうちに没頭していた。幸 …
作品に特徴的な語句
かんば 泥濘ねかるみ あらたま 負傷いたで 情人いろおとこ かお さま かたわ しま よぎ 汚穢おあい じり なつか 物語ローマンス がえ 渦巻うず しな きび かっ 朝餐ちょうさん ベル 記憶おぼえ ゆだ わらわ せん しゃが そよ しるし きたな がえん 明日あした 禁呪まじない むご から 嘲笑ちょうしょう かけがね しわが ひら 旋律メロディー 気質きだて こいねが 闇夜あんや やわ あやま ぐう ゆか いさか ひま 名残なご 塵埃じんあい はしばみ 袈裟げさ きよ 彷徨ほうこう すわ ともしび 亀裂きれつ かくま 嬌態きょうたい つく ひと 服装みなり 蜘蛛ぐも こわ 枝葉しよう 凹路くぼみち かけ とびら 今日きょう しか さき こわ やす きよ 激昂げきこう 枕頭ちんとう 饒舌じょうぜつ いまし 点綴てんてい こび めぐ ぼう 羞恥しゅうち 耄碌もうろく 聖書バイブル 耽溺たんでき 茫然ぼうぜん 老婆ろうば
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)