ジャン・クリストフ05 第三巻 青年05 だいさんかん せいねん
一オイレル家 家は沈黙のうちに沈んでいた。父の死去以来すべてが死んでるかと思われた。メルキオルの騒々しい声が消えてしまった今では、朝から晩まで聞こえるものはただ、河の退屈な囁きばかりであった。 クリス …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 無駄むだ 燭台しょくだい 通夜つや 不機嫌ふきげん 峻烈しゅんれつ 堪能たんのう 耄碌もうろく 山羊やぎ 腹癒はらい 蜜蜂みつばち 夕靄ゆうもや 蛆虫うじむし 洗濯せんたく 困憊こんぱい 息吹いぶ 貪欲どんよく 凡庸ぼんよう 抹殺まっさつ わん 素朴そぼく 些事さじ 煩瑣はんさ 頑張がんば 鎧戸よろいど 閃光せんこう 闇夜あんや 愚昧ぐまい 齷齪あくせく 燐光りんこう 一廉ひとかど 杞憂きゆう 欺瞞ぎまん 友誼ゆうぎ 見守みまも 放恣ほうし さや 猥褻わいせつ 禁呪まじない 昏迷こんめい 暴戻ぼうれい 悠長ゆうちょう だいだい 渾沌こんとん 誹謗ひぼう あがな 瞑想めいそう 点綴てんてい くるぶし 纏綿てんめん 豌豆えんどう 貪慾どんよく 弛緩しかん 廃墟はいきょ 生地きじ 脇腹わきばら 臓腑ぞうふ 面食めんくら 他処よそ 淫蕩いんとう 嬌態きょうたい 嫌忌けんき さなぎ けが 肥料こやし 狐疑こぎ 藁屑わらくず しの 牢獄ろうごく べつ 煽動せんどう 色彩いろどり 豊饒ほうじょう 懶惰らんだ 大跨おおまた 規矩きく 星辰せいしん 土竜もぐら 果物くだもの 平坦へいたん 枝葉しよう 疲憊ひはい 直截ちょくせつ 頬骨ほおぼね あなぐら 叱責しっせき 急湍きゅうたん 深淵しんえん 無稽むけい 阿諛あゆ 朝餐ちょうさん 大胯おおまた 昆虫こんちゅう 機関からくり 眩惑げんわく 腐爛ふらん 亀裂きれつ 好悪こうお まつ
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)