ジャン・クリストフ11 第九巻 燃ゆる荊11 だいきゅうかん もゆるいばら
われは堅き金剛石 金槌にも鑿にも 打ち砕かれじ。 打て、打て、打ちみよ われは死なじ。 死してはまた生き 屍灰より生まるる 不死鳥のわれ。 殺せ、殺してみよ、 われは死なじ。 ——バイーフ——心の静穏。風はやんだ。空気は動かない……。 クリ …
作品に特徴的な語句
たか すき はん ハート ぜき しずく ばい うわ かつ うつ こうのとり くら かお うっ いら まくら つづり ほっ みの しゅ つた おお つかま のぼ たゆ 退さが くら むな たま なぶ かっ うる ぎら ながら 洒落しゃ たなごころ きたな のど くう 信条クレド がえん てつ いささか おん やっこ ゆだ 競合ぜりあ 湧出ゆうしゅつ ゆわ 動力エネルギー 寂然じゃくねん あぶ かご いまし 金槌つち しわが かつ はか 沙汰ざた 嘲笑ちょうしょう よご かたま から はずかし かたま 塵埃じんあい 穿うが 此方こなた 突兀とつこつ きら 蒼白そうはく 花車きゃしゃ 花弁かべん こまね こぞ ひし 把手とって 捕虜ほりょ とびら 捻釘ねじくぎ 自惚うぬぼれ いくさ なま 臓腑はらわた しな ゆか かど 空洞くうどう
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)