“動力”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうりよく40.0%
モチイブ20.0%
エネルギー20.0%
モーター20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくもくべき速力するのは形體と、蒸氣力よりも電氣力よりも數十倍強烈なる動力によるれぬが
罪過とは悲哀戯曲中の人物を悲惨の境界に淪落せしむる動力(源因)なり
罪過論 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)
世の中の光や火薬や運動や動力を支配する主人公たらしめた。
槌をもって、或は動力のスウィッチの番をして、工場の粘りづよい労働の中にいる。
ソヴェト文壇の現状 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)