罪過論ざいかろん
罪過の語はアリストテレスが、之を悲哀戯曲論中に用ひしより起原せるものにして、独逸語の所謂「シウルド」是なり。日本語に之を重訳して罪過と謂ふは稍々穏当ならざるが如しと雖も、世にアイデアル、リアルを訳して理想的、実写的とさへ言ふことあれば、是れ …
作品に特徴的な語句
しか アンチ あたは 衝突コンフリクト もつ おほい いづ いん がん うれひ あるひ かく つひ せめ たゞ 以為おもへ 何処いづこ かゝ すなは いも 思惟しゐ あへ かく いは 縦令たとひ くるし せむ ほろ 動力モチイブ すなは たゞ たゞ おと 孟子まうし 尊氏たかうぢ つい 希臘ギリシヤ 所謂いはゆる ゆゑ たふ いは 欝屈うつくつ 此言このこと がう 気運シツクザール 湊川みなとがは げん 稍々やゝ かゝ 胡蝶こてふ あた さう いやし こゝ けだ いざな 誤謬ごびう 謬見びうけん すべ いへど これ また 例之たとへ 光秀みつひで その ところ 吾人ごじん とが ごと 如何いか しい 征夷せいい 惨憺さんたん 憤懣ふんまん いだ 拘泥こうでい これ 最早もはや 正成まさしげ この 沈淪ちんりん 淪落りんらく もと すべ 義貞よしさだ しか 背鏡せかゞみ 艸紙さうし