“此言”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
このげん66.7%
このこと33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“此言”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しか小生せうせい日本人にほんじんそろこばまざるがゆゑ此言このげんそろ
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
人には各自に何事かの秘密あるものなり、とは詩家某の曰ひしことばなるが、恨むらくは此言このげんに洩るゝものゝ甚だまれなるを。
各人心宮内の秘宮 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
もとより他を論議するのついでに此言このことを附加せしものなれば、二氏も冗長をさけて其理由を言はざりしものならん。
罪過論 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)