各人心宮内の秘宮かくじんしんきゅうないのひきゅう
各人は自ら己れの生涯を説明せんとて、行為言動を示すものなり、而して今日に至るまで真に自己を説明し得たるもの、果して幾個かある。或は自己を隠慝し、或は自己を吹聴し、又た自らを誇示するものあれば、自らを退譲するものあり、要するに真に自己の生涯を …
作品に特徴的な語句
たねま たゞ おは あき をさ あづか なほ むなし たまた おほい はか かたちづ くじ とゞ みれ おほ がほ ひとつ かく かう げん とほざ まれ あし かけ つひ ほしいまゝ 聖経せいけい みづか うかゞ ことば とつ いたづ かく ほとんど きは すゑ すぎ いへども なか たふ ほこ すべ かへ 吾人われら ゆふべ すく 幾等いくとう かた のち にく 所謂いはゆる 斯般かくのごとき あらは あま あした 染汚せんを 止水しすゐ たゝ 狭穿けふせん 畢竟ひつきやう 穿うが のゝし いさゝ おこ いやし こゝ けだ ちかづ うち みだ かつ あざけ 基督キリスト ほか 巨鱷きよがく 帰依きえ たの あたか 悔改くいあらため おも 懺悔ざんげ 拘泥こうでい しりぞ 欺騙きへん 此言このげん