“狭穿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうせん50.0%
けふせん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“狭穿”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 論文集・評論集・講演集5.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかるに対馬は朝鮮海峡の東辺における無比の良地にしてその島の一港は水深く海湾遠く内地に入り気候暖和にして終歳氷結の憂えなく、海門狭穿きょうせんにして容易に敵兵の侵入を防ぐに足れり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
宗教の本意、狭穿けふせんなる行為の抑制にあらんや。
各人心宮内の秘宮 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)