“狭衣”の読み方と例文
旧字:狹衣
読み方(ふりがな)割合
さごろも100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“狭衣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
文学史の方でいえば『枕草紙』『源氏物語』『狭衣さごろも』『夜半の寝覚』『浜松中納言物語』『更級日記』などの生れた頃である。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
専らその心掛で身を修め、ついに都にのぼって『狭衣さごろも』の如き小説を書くに到りました。
離婚について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)