“動機”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうき62.5%
きっかけ12.5%
もと12.5%
だうき6.3%
はずみ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども其真面目は、単に動機真面目で、にした言葉は矢張好加減出任せに過ぎなかつた。厳酷に云へば、嘘許と云つてもかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
と考えるにつけ、栄三郎は、何がかくまでお艶を変えたのか? その理由と動機を思いうよりも、もうかれは、日常の瑣事に何かと気に入らないことのみ多く、つい眼にをたててしまうのだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
いったいこの舎利弗は、もと婆羅門の坊さんであったのですが、ふとした事が動機で、仏教に転向した名高い人であります。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
硯友社るにいて、第二の動機となつたのは、思案外史予備門同時入学生相識つたのです、其頃石橋雨香つてました
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
……ところで、何かの動機でそのからざが切れると、否応なしに地面の上に隕ちて来る。お前も覚えがあるだろう、えらい勢いで鉢合せをすると、眼から火が出たという。
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)