“どうき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
動悸92.4%
動機3.8%
同氣0.8%
動気0.8%
同気0.8%
銅器0.4%
同揆0.4%
悸気0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は動悸を抑へながら、暫くは唯幌の下に、しい逡巡を重ねてゐた。が、俊吉と彼女との距離は、見る見る内に近くなつて来た。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
不味相容子をしてるのは卯平ての場合じての状態なので、おつぎのには格別注意さしむべき動機つもへられなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
にも同氣むる番頭勘藏にのみかせば横手
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
の命身体あって侯爵に添うべきや、も其時、身を我に投懸て、やかなる前髪惜気もなく我膝押付動気可愛らしく泣きしながら、めを思い込まれて其程までになさけ厚き仰せ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「もちろん、同気を求めて来た諸君。大いに歓迎する。が、その計略とは」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日本最初られた銅器よりはでありまして、そのつはくりすといふで、このはつばにるところがにまがつてゐます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
またには腕環には指環をつけ、にはめっきしたしいへてあるばかりでなく、このからは支那からつた銅器、がらすをはじめ、馬具刀劍
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
その不朽の名畫晩餐式はこゝに胚胎せしなり。その戀人の尼寺の垣内に隱れて、生涯相見ざりしは、わがフラミニアに於ける情と古今同揆なりとやいはまし。
「館を出るときにはいつも悸気がいたして、すぐには、出られないような気になっていたのです。」
玉章 (新字新仮名) / 室生犀星(著)