金五十両きんごじゅうりょう
遠江のくに浜松の町はずれに、「柏屋」という宿があった。 城下で指折りの旅館「柏屋孫兵衛」の出店として始まり、ごく小さな旅籠だったのが、ちょっと変った庖丁ぶりの料理人がいて、それが城下の富商や近在の物持たちのにんきを呼び、しぜんと料理茶屋のよ …
作品に特徴的な語句
すがた ばな ひつじ 合羽がっぱ かたじけ いら うかが あか かな 嘲笑ちょうしょう きま さき わざ さら 痙攣ひきつ ばか 馬喰ばくろ かた いささ 仄暗ほのぐら 仔細しさい おっ せがれ とぎ たま いた 動悸どうき かえ いや つぶや あお うめ とが すす ささや らち 庖丁ほうちょう 店者たなもの かす おそ うら 抜商ぬけあきな ひら そろ 斟酌しんしゃく おい 旁々かたがた 旅籠はたご 昏方くれがた しばら てこ とい 此処ここ ゆが あふ 無躾ぶしつけ かん さわ 猫撫ねこな よみがえ 癇性かんしょう さかずき ろく かせ すく くわ 綺麗きれい あや すが 縹緻きりょう まと 肌理きめ ひざ ぜん 膳所ぜぜ 草鞋わらじ あお わら のぞ 親許おやもと いぶか また かが からだ 辿たど