“藤村”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうそん50.0%
ふじむら38.5%
ふぢむら11.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治の新体詩というものも、藤村時代の成果を結ぶまでに長い時日がかかっており、初期のものは全く幼稚で見るに耐えないものであった。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
から色んなものが出る。山本山の玉露・栄太郎の甘納豆・藤村羊羹玉木屋佃煮・薬種一式・遊び道具各種。到れりつくせりだ。
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
る、日本橋檜物町藤村二十七疊大廣間黒檀大卓のまはりに、淺葱絽座蒲團しくらせて、一人第一番莊重へてる。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)