“第一番”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいいちばん66.7%
だいゝちばん16.7%
でえいちばん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、申出ました部屋頭第一番。いづれも當御邸御家風で、おとなしい、實體なものばかり、一人異存はござりません。
片しぐれ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
勅撰集第一番古今集のはじめにあるものといへば、そのうちでも第一番といふことになるから、自然は、それをます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)