“第一嬢子”のいろいろな読み方と例文
旧字:第一孃子
読み方割合
だいいちじょうし33.3%
だいいちぢやうし33.3%
ダイイチヂヤウシ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寂寞たる光りの海から、高くでて見える二上の山。淡海公の孫、大織冠には曾孫。藤氏族長太宰帥、南家の豊成、其第一嬢子なる姫である。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
淡海公の孫、大織冠の曾孫藤氏南家の族長太宰、帥豊成、其第一嬢子なる姫である。屋敷から一歩はおろか、女部屋から膝行り出ることすら、たまさかにもせない郎女のことだ。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
淡海公の孫、大織冠には曽孫。藤氏族長太宰帥、南家の豊成、其第一嬢子なる姫である。屋敷から、一歩はおろか、女部屋を膝行り出ることすら、たまさかにもせぬ、郎女のことである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)