“第一人者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいいちにんしや66.7%
プリンケプス33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、ぶくりとして、あだい、でぶ/\とつた肉貫——(間違へるな、めかたでない、)——肉感第一人者が、地響つて、外房州つた女中だから、る。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
八、日本短歌第一人者柿本人麿
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
三年の後には後者は自ら第一人者と称して統帥権を掌握し、次第に帝政の基礎を固め、名をアウグストゥスと改め、キリストの生れた頃はすでに事実上ローマ皇帝であった。
処女の木とアブ・サルガ (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)