“第一等”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいいっとう50.0%
だいゝつとう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「しかもそれがわが大帝国内で、これが第一等のものだとしている。それをどうして、いままでわたしにいわなかったのであるか。」
怠惰屋第一等にならうと眞實ふならラクダルさんのかう。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)