“勅撰集”のいろいろな読み方と例文
旧字:敕撰集
読み方割合
ちょくせんしゅう75.0%
ちよくせんしゆう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長句の用い方など古今未曾有にてこれを詠みたる人もさすがなれどこの歌を勅撰集に加えたる勇気も称するに足るべくと存候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
代々の勅撰集の如き者が日本文学の城壁ならば、実に頼み少き城壁にて、かくの如き薄ツぺらな城壁は、大砲一発にて滅茶滅茶け可申候。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
勅撰集第一番古今集のはじめにあるものといへば、そのうちでも第一番といふことになるから、自然は、それをます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
古今集、たくさん勅撰集やらいろんな歌人のめい/\の家集といふものがてゐるが、のほんとうの性質といふものは、だいたい
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)