“勅撰”の読み方と例文
読み方割合
ちょくせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かの『古今集』の勅撰に入った有名なる数十章の誹諧歌のごときも、やはりまた和歌に随伴した一種の才蔵にほかならずと見てよいようである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ゆくゆくは奏覧にも供え、また二条摂政さま(良基)の莵玖波集の後をけて勅撰御沙汰も拝したいものとかに思定めておいでの模様で、いたくこの集のことをお心に掛けてございました。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
ゆくゆくは奏覧にも供へ、また二条摂政さま(良基)の莵玖波集の後をけて勅撰御沙汰も拝したいものとかに思定めておいでの模様で、いたくこの集のことをお心に掛けてございました。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)