“才蔵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さいぞう75.0%
さいざう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“才蔵”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌2.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もうそこにはだれもいない、呂宋兵衛も昌仙しょうせん才蔵さいぞうも、下のさわぎにおどろいてりていったものと見える。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と指さした。婆は彼のいう通り、石突いしづきをたよりに、下へりるのであろうと、なんの気なしに取って渡すと才蔵さいぞうは、
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
豆蔵まめざうか 才蔵さいざう
未刊童謡 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)